四国うどん紀行 今回は欲張って3軒だぁ!

(2005.09.22〜09.23)

今回で3回目のうどん巡りの旅です。ゆうちゃんが、前に四国のうどんを食べてから、うどんにハマってしまって、ずっと「四国にうどん食べに行きてぇ…。」なんて言っていました。で、9月は3連休が2回もあるので、どちらかはちょっと遠くへ遊びに行きたいなぁ…というわけで再び四国へうどんを食べに行く事にしました。

今回のお目当てのお店は、「彦江製麺所」、「山越製麺所」と、前回も行った「山田屋」の3軒です。「彦江」と「山越」は「水曜どうでしょう」の中でも何回も名前が出て来てくるので、「さぞかし美味しいんだろうな…。とかなり期待です…。

09.22 thu 晴れ

仕事から帰って来て、ご飯とお風呂を済ませて21時頃出発。何で晩に出発するのかと言うと、四国のうどん屋さんの朝は早いからです。こっちを早朝に出て、昼過ぎに着いて、うどんを食べるなんて呑気な事を言ってたら、うどんは食べれません。だって、店が昼過ぎまでしかやってないんだもん…。おいしいうどんを食べるのは、厳しいんです。

   

前回と同じ、明石海峡大橋を渡って淡路島を横断し、大鳴門橋を渡って四国へ…っていう道のりを選択しました。眠くなるまで進んで、どこかの道の駅かなんかで寝るって事で走り出しました。平日の晩って、けっこう車が多いんだね。ゆうちゃん、すぐ眠くなってしまって、眠気覚ましにマクドのポテトを買って食べました。食べてる間って、眠いの忘れるよね〜。サクラが恨めしそうに見てました。その後しばらくは大丈夫だったけど、明石海峡大橋を渡った所のサービスエリアで寝る事にしました。とっても臭いサービスエリアです…。トイレから悪臭がぁ。23時半就寝…。

 

09.23 fri 晴れ

5時に起きる。なんか良く寝れんかったなぁ…。サクラがお腹の上で暴れるし、車の外を通る人がうるさくって。歯磨きと顔を洗って、5時半に出発。一軒目の「彦江」のオープンまで3時間、間に合うかなぁ…。

    

あんまり寝れなかったもんだから、ずっとボケ〜っとしていました。途中15分程休憩で2人で寝たけど、回復せず、ゆうちゃんが頑張って運転してくれてる中、1時間も寝てしまいました。そうこうしてる間に、9時頃、「彦江」の近くまで来ました。ネットの情報通りに、なんか狭ーい路地の所を入って行って、「本当にこんな所??」って感じの所に駐車場がありました。

 

お店は、入り組んだ住宅街の中にあり、看板も何にもありません。ただ、紙切れに「彦江製麺所」と手書きで書いてあるだけです。紙が吹っ飛んでたら、たどり着けないな。そんなぶっきらぼうな感じ、とっても好きです…。サクラも一緒に連れてきたので、ゆうちゃんが先にうどんを買いに店に入りました。ゆうちゃんを待ってる間、ぞくぞくとお客さんが入って行きます。交代して、こりさが中へ…。中に入ると、自分でどんぶりを取って、一生懸命にうどんを冷水で締めているおばちゃんの所へ行って、1玉うどんを入れてもらう。その後、暖かいのが良ければ自分でうどんを湯がきます。トッピングは、かき揚げを選びました。ダシとネギを入れて外へ。早速食べてみました。麺は極太で、かなりのボリューム。かき揚げもおいしいし、ダシもこりさ好みの味でした。ゆうちゃんのゴボ天もちょっともらったけど、いい味してて美味しかったです。ただ、一つ注文をつけるとするなら、もうちょっとダシを熱くして欲しいなぁ。サクラもちょっとだけ食べました。2人分で460円でした。安いっ!!

   

10時。続けて2軒目「山越」へ。「彦江」からは20キロ程のところにあって、すぐに着きました。田舎な雰囲気の中に似つかわしくないガードマンが駐車場の前にいて、次から次へと車が入って行く。「あ〜すごい人気のある店なんだなぁ…。」って思って、期待が大きく膨らみました。サクラは、可愛そうだけど、ちょっと車の中で待っててもらうことにしました。

 

店の前には、20メートル程のうどんを待つ人達の長い列ができていました。外から見える日本庭園風の庭では、うどんをすする人達の姿が見えました。早く食べてぇ…。待ってる間に、何を食べるか検討…。ゆうちゃんは、かまたま。ここの一番人気らしいね。こりさも、かなり惹かれてたんですが、今回は、うどんそのものの味を楽しみたかったので、釜揚げに決めました。待つこと20分…。お店の中に入りました。おばちゃんが、次々と注文を聞いていきます。すごい手際の良さにビックリ。うどんを受け取り、トッピングのあげを乗せる。ゆうちゃんはコロッケ。うどんにコロッケ??まぁ良いけどね…。2人分450円を支払って、早速、食べてみました。一口食べて「きたぁー!」って感動。麺は、なめらかでツルッとしてて、ダシは、上品な薄味。すごく美味しい。トッピングのあげも、これまた美味しい。なんか今まで生きてきた中で食べたうどんで、一番美味しいと感じました。大げさかも知れんけど、マジです。かまたまも、ちょっともらって食べたけど、こりさのやつの方が断然美味しかったよ。ゆうちゃんも「こりさと同じのにしたら良かった…。」って言ってました。

   

せっかく四国に来たので、四国八十八カ所巡りのお寺の一つでも行ってみようか…という事になって、80番の白牛山国分寺に行ってみました。七福神の弁財天が奉ってありました。ミニ八十八カ所巡りなんて、88のお地蔵さんが並んであって、結構おもしろかったです。立派なお寺でした。

       

こんぴらさんの辺りには、至る所に「灸まん」と看板が掲げてあって、前回来たときからずっとソレが気になっていて、しばらく車を走らせていると、直売店があったので買ってみる事にしました。こりさの予想していた「灸まん」ってのは蒸したての酒まんじゅうみたいな物だったんだけど、まぁ、普通のお土産で売ってるような、まんじゅうでした。食べてみると、ヒヨコまんじゅうにそっくり。形がお灸の形になっただけって感じかな。期待してソンしちゃった…。

3軒目の「山田屋」付近まで行って昼寝…。2人とも疲れてたのか、ぐっすり1時間半程寝てしまいました。午後2時くらいに(暑くて…)目が覚めました。朝から2軒のお店を回った後なので、それでもお腹いっぱいだったんだけど、早めに帰りたかったので、お店に入る事にしました。もうお昼ご飯の時間は過ぎてるのに、たくさんの人が待っていました。でも、お店は広いので、すぐに店の中に案内されました。釜ぶっかけ定食と、ざるぶっかけ定食を注文。2人とも、お腹いっぱいくせに定食なんて欲張りやね。前回は、かけうどんを食べたので、ぶっかけはどんなんかなぁ…?しばらくして、うどんがやって来た。薬味と天かすを入れて、ダシをぶっかけ食べてみた。うん、ウマい!天ぷらの盛り合わせと、いなりずしが付いて1050円と値段も安いよね。美味しかったけど、やっぱりお腹がやばくて、全部は食べれませんでした。あ〜もったいない。

   

てな感じで、今回は3軒まわってきました。3軒はちょっと欲張っちゃったかなぁ。最後の山田屋さんではちょっと勿体ない事をしてしまいました。今度は、欲張らずにゆっくり回りたいです。帰りは、早めに帰って来たので、ゆうちゃんも眠くならずにスムーズに帰って来れました。ゆうちゃんご苦労様でした…。また行こうね。

Ads by TOK2