< 上海軌道交通5号線 (シン閔線)>
シン荘
春申路
銀都路
チュワン橋
北橋
剣川路
東川路
金平路
華寧路
文井路
閔行開発区
網かけは乗換駅
 路線概要

 閔行区の中心シン荘から、旧市街の老閔行を経て、奉賢区の中心南橋に至る計画で建設された路線で、全区間高架です。黄浦江を渡る橋梁が未着工のため、支線が先行開通しました。
 市内に乗り入れない、完全な郊外の路線で、沿線人口が少ないため、中型車4両編成による運行です。思いなしか列車も乗客も速度はのんびりした感じ。
 1〜4号線が『上海地鉄営運有限会社』なのに対し、5号線は路線バス大手である巴士集団系の『上海現代軌道交通有限会社』という別会社が運営しています。
 略歴

2003年11月25日  シン荘〜閔行開発区駅間17.1km 開通
2005年12月25日  自動改札化し、新ICカード切符の供用を開始

2005年10月現在 全長17.1km
運転形態

平日07:00〜09:00:約5分間隔
平日16:00〜18:00:約6分間隔
平日 他の時間帯:7〜10分間隔

休日08:00〜10:00:約5分間隔
休日17:00〜21:00:約6分間隔
休日 他の時間帯:7〜10分間隔
(2010年1月現在)
運転形態

終日:5〜8分間隔
(2005年10月当時)
*シンは「くさかんむりに辛」、荘は簡体字では「庄」、チュワンは

フランス・アルストム「阿爾斯通」製の4輛編成。 手を抜いた…いや簡素なつくりの車内。貫通路は非常用のため通り抜けはできません。客室内には暖房が設置されていないうえに高架を走るため冬は凍えます。
ふりだし 上海軌道交通もくじ
1号線 2号線 3号線 4号線
Special thanks : Nimo5


Ads by TOK2