< 上海軌道交通1号線 (南北線) >
シン荘
外環路
蓮花路
錦江楽園
上海南站
漕宝路
上海体育館
徐家匯
衡山路
常熟路
陝西南路
黄陂南路
人民広場
新閘路
漢中路
上海火車站
中山北路
延長路
上海馬戯城
ウェン水路
彭浦新村
共康路
通河新村
呼蘭路
共富新村
宝安公路
友誼西路
富錦路
網かけは乗換駅
路線概要

 上海市の中心である人民広場をはじめ、上海駅と上海南駅の2大国鉄ターミナル、淮海路、徐家匯などの繁華街を結ぶ、もっとも重要な路線です。
 6両編成で運行されていましたが、慢性的な混雑を解消するため、2007年より、順次8両編成が投入されています。安全確保のため、地下区間の駅では、ホームドアの設置が進められています。
略歴

1993年5月28日  錦江楽園〜徐家匯駅間6.6km 試験営業を開始
1995年4月10日  錦江楽園〜上海火車站駅間16.4km 試験営業を開始
1995年7月1日   錦江楽園〜上海火車站駅間16.4km 正式に開通
1997年7月1日   シン荘〜錦江楽園駅間4.5km 延伸
2004年10月30日  上海南站駅 下り線を地下化
2004年12月4日  上海南站駅 上り線を地下化
2004年12月28日  上海火車站〜共富新村駅間12.5km 延伸
2005年9月15日  運賃値上げ
2005年10月10日  新ICカード切符の供用を開始
2007年1月31日  8両編成の導入を開始
2007年12月29日  共富新村〜富錦路駅間2.5km 延伸
              従来のシン荘〜上海火車站駅間の列車も多数存続
            人民広場駅の乗換通路を改良
2009年7月21日  錦江公園駅でパークアンドライドを試行。
2010年4月7日   徐家匯駅の9号線乗換通路が開通。

2007年12月現在 全長36.4km
運転形態

平日07:00〜09:30:約3分間隔(上海火車站〜富錦路駅間 約6分間隔)
平日16:40〜19:30:約4分間隔(同 約7分間隔)
平日 他の時間帯:4〜12分間隔(同 7〜13分間隔)

土日07:50〜20:00:約4分間隔(上海火車站〜富錦路駅間 7分間隔)
土日 他の時間帯:4〜12分間隔(同 7〜15分間隔)
(2010年1月現在)
運転形態

平日07:00〜09:40:約3分間隔(上海火車站〜富錦路駅間 約6分間隔)
平日16:10〜19:40:約4分間隔(同 約7分間隔)
平日 他の時間帯:4〜12分間隔(同 10〜15分間隔)

土日07:20〜20:00:約4分間隔(上海火車站〜富錦路駅間 8分間隔)
土日 他の時間帯:4〜12分間隔(同 8〜15分間隔)
(2008年1月当時)
運転形態

平日07:00〜09:30:約3分間隔(上海火車站〜共富新村駅間 約9分間隔)
平日16:30〜19:30:4〜5分間隔(同 約11分間隔)
平日 他の時間帯:5〜9分間隔(同 10〜15分間隔)

土日07:30〜20:00:約4分間隔(上海火車站〜共富新村駅間 約12分間隔)
土日 他の時間帯:6〜9分間隔(同 12〜14分間隔)
(2006年8月当時)
*ウェンは「さんずいに文」、シンは「くさかんむりに辛」、荘は簡体字で「庄」

ドイツ・シーメンス「西門子」製の6輛編成。これは前期型でライトケースが台形、側面窓が二段式、貫通路が狭いなどの特徴があります。 こちらは後期型。ライトケースが細目、側面窓が一枚窓、貫通路が広いです。
カナダ・ボンバルディア「ロン巴迪」製の6輛編成。
共富新村〜上海火車站駅間の延長に合わせて登場しました。
ドアを外吊りにするなどし1輛当たりの定員を10人増やしました。 飾りのように吊り輪がついています。
*ロンは「まだれに龍」

ふりだし 上海軌道交通もくじ
2号線 3号線 4号線 5号線
Special thanks : Nimo5


Ads by TOK2