宝山鋼鉄 bao shan gang tie (上海市宝山区)
 1980年代に改革開放政策の一環として、上海港に近い宝山区北部に製鉄工場が建設されました。その内のひとつ、粗鋼生産世界3位を誇る世界のBAO STEEL「宝鋼」の専用線が楊行貨物駅から北へ伸びています。
 楊行貨物駅と工場の間は自社所有のDFH5(後にDFH7)が行き来しています。

左:楊行貨物駅から北へ伸びる専用線。左が宝山鋼鉄で、右が上海第五鋼鉄。(2004年12月)
右:専用線はすぐに東へ向きを変えますが、宝山鋼鉄の専用線は再び北へ向きを変えます。右奥は上海第五鋼鉄の操車場。(2005年2月)

左:工場〜楊行貨物駅間はDFH5(現在はDF5かDFH7)が担当。(友誼路の踏切から)(2004年11月)
右:工場の南側(富錦路)から。工場内では日本車輌製の入換え機が活躍しているそうです。(2005年5月)


配線・周辺図


宝山鋼鉄への行き方
・1号線共和新路駅から、バス泰月線で潘家橋站まで30分。鉄力路を北へ5分。

・3号線鉄力路駅(詳細未確認)。
もくじ まえ:上海第五鋼鉄 つぎ:殷行

Ads by TOK2