新閔支線 閔行西 min hang xi (上海市松江区)
 金山支線開通時に、新閔支線からの分岐駅として開業した駅。どの方向へも列車が進行できるよう三角線を形成していますが、行き違い設備はありません。
 1日2往復の市郊列車が停車していました(2004年1月7日に廃止)。 駅は松江区車トゥン鎮の東側にあります。

2012年9月28日に22号線の車トゥン駅として旅客営業を再開しました。相対式2面4線の新幹線型配線のようです。

左上:駅北側(北松公路)から見た構内。左へ分かれていく方が本線格の新閔支線、右が金山支線。
右上:三角線のうち西側の一辺(金山支線)では行き違い設備の設置工事中。浦東鉄路開通に伴う輸送力増強工事の一環です。
左下:駅南側から見た構内。左が金山支線、右が新閔支線につながる連絡線。ちなみに三角線の内側はお墓です。
右下:駅東側から見た構内。右が新閔支線、左が金山支線につながる連絡線。

閔行西駅への行き方
・5号線北橋駅から、バスシン松専線で、閔行西站站まで20分。目の前にあります。

・1号線錦江楽園駅西側にある西南汽車站から、バス衛梅線で、車トゥン站まで25分。東へ徒歩20分(北松公路)。
*シンは「くさかんむりに辛」、トゥンは「つちへんに敦」、葉は簡体字では「叶」

もくじ まえ:杭甬線寧波 つぎ:金山支線葉シエ

Ads by TOK2