20路トロリーバス
 中山公園から南京路を東進し外灘に至る市内を横断する路線。1963年8月15日に北京路から南京路に経路が変更され、路面電車12路を淘汰しました。
 全区間2号線と競合していますが利用客は多く、新型空調車化率が最も高いトロリーバス路線です。そのため最も安泰かと思われた路線でしたが、2006年3月からディーゼルバスも導入されています。
起点の九江路外灘站は1926年竣工の旧台湾銀行の南側にあります。(2005年6月)



         浦東の高層ビル群が間近に迫る。(2005年6月)

和平賓館の南楼前を往く。(江西中路〜九江路外灘站間、下り)(2004年11月)



2004年頃、南京東路のうち外灘からここまでの区間も歩行者天国にする計画が立てられましたが、立ち消えになった模様。(江西中路站〜福建中路站間、上り)(2004年11月)



東方明珠塔を背に。(江西中路〜福建中路站間、上り)(2005年6月)



ほぼ全区間にわたって南京路を走る20路ですが、西蔵中路〜江西中路站間は南京東路が歩行者天国のため南側の九江路を走ります。(浙江中路〜江西中路站間、下り)(2005年6月)



黄河路站と西蔵中路站の辺りは人民広場の北側に位置しいつも賑わっています。後方の新世界商城の建物は1918年に作られた娯楽施設が前身。(西蔵中路〜黄河路站間、上り)(2004年5月)



南京西路を往く。(上海電視台〜石門一路站間、上り)(2005年3月)



上海商城の前を往く。静安寺站を過ぎると沿線は近代的な街並に変わり有名な外資系ホテルや百貨店が並んでいます。(陝西北路〜静安寺站間、上り)(2005年10月)



左は1924年にイタリア産大理石で作られたユダヤ人の邸宅カドゥーリ公邸「嘉道理爵士公館」。現在は小中学生の課外活動の場中国福利会少年宮として利用されています。(烏魯木斉北路〜静安寺站間、下り)(2005年10月)



(烏魯木齊北路〜静安寺站間、下り)(2006年4月)



(2005年1月)



江蘇路站付近は旧租界地で風格のある洋館が目立ちます。 (江蘇路站、下り)(2005年3月)



剪定されたプラタナスの枝を避けつつ。この作業は季節の変わり目にあちこちで行われます。(安西路站、上り)(2005年6月)



トロリーバスの牙城と思われた20路に遂に導入されたディーゼルバスを横目に。
左がトロリーバスファンから目の敵にされている韓国大宇製車、真ん中が上海申沃製の車椅子対応低床車。(安西路〜中山公園站間、上り)(2006年4月)



終点の中山公園站は、中山公園の斜向いに位置します。この公園は、1914年に外国人にのみ開放されたジェスフィールド公園「兆豊公園」が前身で、上海動物園も元はここにあったそう。(2005年6月)



20路トロリーバス(巴士電車)概要  (2006年4月現在)
運行区間:九江路外灘(九江路X中山東一路)〜中山公園(長寧路X愚園路)
走行距離:7.5km  所要時間:30分
主な乗換え
 西蔵中路站(上り:九江路X西蔵中路) : (G番出口)
        (下り:南京西路X黄河路) : 1、2、8号線人民広場駅(H番出口)
 中山公園站(長寧路X定西路) : 2、3号線中山公園駅(2号線のC番出口)
もくじ まえ:19路 つぎ:21路

Ads by TOK2