14路トロリーバス
 南京路歩行者天国の南側から、楊浦区の中心地五角場の南側の住宅地に至る1914年11月15日に開業した中国初のトロリーバス路線。また1996年2月6日には上海で初めて空調トロリーバスが導入されました。
 新型、旧型ともトロリーバスによって運行されていましたが、韓国大宇製ディーゼルバスも導入されています。
起点の東新橋站は現在の位置と同じかどうかは定かではありませんが、中国初のトロリーバス路線の起点となった所。本屋、文具屋街として知られる福州路のひとつ南の広東路にあります。開通当初は広さの都合で転車台を使って方向転換していたそうです。(2005年6月)



パイナップル頭のホテルウェスティン「威斯汀大飯店」が聳えています。(2005年6月)



この辺りは1854年に作られた競馬場でした。その名残りで湖北路は曲線を描いています。(南京東路〜東新橋站間、下り)(2005年6月)



南京東路の歩行者天国「南京路歩行街」を横切る。(南京東路〜老閘橋站間、上り)(2005年6月)



開通当初の終点老閘橋站はこの辺りにあったと思われます。付近は「五金街」と呼ばれる工具や金具問屋が密集した地区。(老閘橋〜山東北路站間、上り)(2005年10月)



古いながらも風格のある住宅を見ながら。(北京東路〜南京東路站間、下り)(2005年9月)



浙江路橋で蘇州河を渡る。南行き1車線だけなのでいつ来ても渋滞しています。(浙江北路〜北京東路站間、下り)(2005年10月)



租界時代の重厚な建物が残っています。(武進路站、下り)(2005年4月)



武進路站の向かいは6路の起点河南北路站。 (武進路站、下り)(2005年6月)



下りは広い周家嘴路を走ります。この辺りは共同租界時代に映画館街だったところで、現在でも数件あります。(四川北路〜呉淞路站間、上り)(2005年6月)



4号線海倫路駅前。(リィ陽路站、下り)



四川路とリィ陽路の交差点。1942年に日本軍によって建設された五角場へ至る軽便鉄道の起点だったそうです。 (臨平北路〜リィ陽路站間、下り)(2005年6月)



軽便鉄道跡に沿う四平路は、現在も市内と五角場を結ぶ動脈として重要な役割を果たしています。(臨平北路站、下り)(2005年6月)



金茂大厦がかすむ。 (大連路〜打虎山路站間、上り)(2005年6月)



左後方の建物が蒸気機関車が展示されているシェラスコ店(店名失念...)。
(新華医院〜延吉西路站間、上り)(2005年6月)



シェラスコ店に保存されているC4型蒸機。(2005年6月)



(新華医院〜延吉西路站間、上り)(2005年6月)



終点付近の住宅地を往く。14路は打虎山路、本渓路、中山北二路站と住宅地のひろがりにあわせて延長を重ねてきました。(撫順路站、下り)(2005年6月)



住宅地の中にある終点の中山北二路站。新旧トロリーバスの他、韓国大宇製ディーゼルバスもいます。(2005年6月)



数珠繋ぎに留置された上海客車製旧型車。(2005年6月)

14路トロリーバス(巴士電車)概要 (2005年10月現在)
運行区間:東新橋(広東路X福建中路)〜中山北二路(江浦路X撫順路)
走行距離:10km  所要時間:50分
主な乗換え
 南京東路(上り:湖北路X九江路)(下り:福建中路X九江路)
: 2号線南京東路駅(C番出口)
 リィ陽路(四平路Xリィ陽路) : 4号線海倫路駅(詳細未確認)
*リィは「さんずいに栗」    もくじ まえ:13路 つぎ:15路

Ads by TOK2