June Bride


 ジューンブライド☆ 6月の花嫁(^-^*)  「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」 というヨーロッパの言い伝えです♪ 私は最初6月の売上が少ない結婚式場が考えた言い伝えかと 思いました(笑) 6月って言ったら梅雨真っ只中(^-^; 一生に一度の大切な 結婚式が雨なんて最悪ですもんねぇ。。。 ドレスもグシャグシャになるし、 髪の毛だってボサボサに(*^^*) 確かに結婚式場の売上上昇のねらいもあるだろう けど、でも元々の由来は違ってました☆ 今回はJune Brideについてです。

 ではどうして6月なのでしょう? 春や秋の方がよさそうな気がします。しかしヨーロッパでは日本と違い、梅雨は ありません。そしてこの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続きます☆  はつらつとした季節の始まり、「若者の季節」と呼ばれたベストな6月が、結婚式にはもってこいの季節なのです(^○^)ノ 加えて復活祭も行われる時期である ことから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れる素敵な時期になります(^-^*)

 ジューンブライドの由来は先ほどの季節的な理由を含めて他に2つあります。まず1つ目がローマ神話のJuno(ジューノ)という名の女神からの由来。 ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラーにあたります。 結婚をつかさどる彼女は、婚姻と女性の権利を守護します。この女神の月に結婚すれば、 きっと花嫁は幸せになるだろうと考える説。

 そして2つ目がヨーロッパの結婚の季節。昔ヨーロッパでは3、4、5月の結婚が禁止されていました。そして 6月に結婚解禁(*^o^)/\(^-^*) 6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説も あります。

 いずれの説をとってもヨーロッパの6月ってとっても素敵な季節♪ こんな素敵な言い伝えだからこそ ずっと今でも語り継がれていっているんでしょうね(^-^*)  でも私は日本の雨が多い6月は勘弁して欲しいです(^^ゞ

前へホームへ次へ

Ads by TOK2