幸彦


ここでは飲んでおいしかった酒、美味しい酒のあるところ、楽しく酒を飲んだことなどを紹介します。個人的な味の偏りが有るのでご容赦を!

<H28.  2.  7 更新>


<H28年   近鉄主催 『酒蔵みてある記』

  AH28. 1. 31  細川酒造 「上げ馬」

コスプレ?


六角堂

こんな車が ”入ればの掃除屋さん”

後ろの売店のうどんを待っているご婦人たち
                   きょうは風もなく素晴らしい天気、暑いほど。ハイク途中でヤッケなど脱いでしまったのは言うまでもない。
                   多度駅を9:40出発、ショートカットしながら細川酒造へ到着した時は4,50番目だろうか。 
                   早速ゆっくり飲む陽当たりのいい場所を確保して試飲、甘酒を楽しみ酒のつまみ「唐揚げ」を手当て。そしてきょうの初しぼりを購入。

  @H27.12. 12  青木酒造 「米宗」
 今新酒年度の『酒蔵みてある記』の一番酒蔵は例年通り「青木酒造」
 近鉄弥冨駅で抽選くじ・試飲券付ハイキングMAPをもらいいざ出発。
従前前までは早く着き早く新酒を飲むためにショートカットしながら歩いたが今回は地図通りに歩く。
 そんな訳で 初めて弥冨市鯏浦町の「薬師寺」を訪問・参拝。
ここには天然記念物に指定されている大楠の老木があり、またここは一向一揆に対処するため
織田信長の弟信興が築いた「鯏浦(うぐいうら)城址の碑がある。

 さぁっ新酒を飲みに行こう。 抽選で何と一等賞を引き当てる。賞品は二合瓶の清酒 (某酒蔵の
1等賞は720ml(四合)瓶の新酒、これを引当てたことがあったが…ここのはちょっと小っちゃいな、と。
酒飲みは意地汚いものだ、小生のことだが)
 昨日北海道物産展で買求めた つぶ貝のわさび漬 が 酒にあい 実に美味い。
変音子さんとしぼりたての新酒を存分に楽しむ、2人で八合を空けただろう。



真夏の酒蔵巡り
  H27.8.3(月) 安達本家酒造 を 訪問

  近鉄沿線のイベント、近鉄電車の吊り広告を見かけて、真夏の酒蔵を変音子さんと酒を飲みに。 真夏のこのくそ暑い時にと思いながら近鉄朝日駅では
   下車する客の何と多いことか。 中にはカンカン帽を被り浴衣姿のちょい悪オジサンらしき人も結構多い。 それも若いお嬢さんを連れて。
   フルートとピアノの夫婦デュオ(アスハレの片山美沙(フルート)、片山健太郎(ピアノ))による酒蔵での演奏を聴きながらの 冷酒「富士の光」を舐めるように
   飲む!! 実に美味い !! 入場料500円、唐津焼風の猪口をくれる、この猪口で試飲場所に行くと種々の「富士の光」を飲むことができる。ほぼ飲み放題。
  実に嬉しい。  が、何度も行くのも面倒なのでボトルを購入、うーん 相手の商魂に乗せられたか。 でも酒はうまい、また屋台もあり酒のつまみもうまい。


<H27年   近鉄主催 『酒蔵みてある記』>

  D H27. 2. 21  神楽酒造 「神楽」
      きょうは風も無く快晴の素晴らしいハイキング日和。御在所や鎌ヶ岳など鈴鹿の山嶺は先日の雪で真っ白に輝いている。こんな日の山歩きは最高だろう。
    山にも行きたかった。
     近鉄湯ノ山線中川原駅で下車、受付番号は552番、神楽酒造酒蔵での受付では1250番を超えたらしい。いい天気でもありかなりの人出で賑わった。
    ここでは酒の肴が凄い、鮎やシーラ、カマスなどの焼き物、粕汁、そしてカレーうどんもある。 でも しぼりたての酒が一番。

 C H27. 2. 15 後藤酒造 「青雲」
      きょうは峡軌道の三岐鉄道北勢線に乗って蓮花寺駅で下車、ショートカットして田圃の中の農道を歩き早めの到着。 
     酒蔵巡りの中でもここの「青雲」しぼりたては群を抜くとの評判の酒 !! 流石に美味かった、写真の瓶は2週間前の酒だが 試飲のそれは文字通り
     きょうのしぼりたて。
      アルコール度数は19.5度、ここの試飲は ほぼ飲み放題。 ここでも幾人かの常連さんに出会いあいさつ、「美味い!!」。
      つまみは椎茸のバター炒め、みたらし団子、とらや饅頭、イカあられ。


@ H26.12.13 青木酒造 「米宗」     A H27. 1.25 細川酒造 「上げ馬」    B H27.2. 1 所酒造「揖斐の蔵しぼりたて」

細川酒造にて

   所酒造 揖斐の蔵           青木酒造 米宗

所酒造にて
 今年度も始まった、2月は毎週出動予定。 それにしても参加者が多くなった、寒さをものともせずに。 やはりリタイアし 健康の為にウォーキング、百薬の酒を
 求めての年配者が多いが 若年の酒ガールも目につくようになった。 常連さんも多く、次の酒蔵巡り計画の情報交換に話が弾む。

    

<H26年   近鉄主催 『酒蔵みてある記』>

 D H26. 3.  1  早川酒造部  「天一」
 昨日の暖かさ(最高気温18度)に比べきょうの最高気温予想は14度とかなり下るが風は無く心地のいいハイキングの後の しぼりたての
酒は実に美味い。 変音子さんはきょうもくじに当たる。小生ははずれ、ここは何も無い。 熱い豚汁、焼きたての焼きちくわなどの肴と
アルコール度19度超のしぼりたてが心地良い酔いを全身にまわしていく、実に心地良い。
 C H26. 2. 22  神楽酒造 「神楽」
 風さえなければ穏やかな日向ぼこ酒が味わえたのだが・・・。 上の写真は酒飲みだけが残って閑散としているがピーク時は立錐の場が
無いほど大混雑。 抽選ははずれでみたらし団子。 サザエのつぼ焼き、アジ・キス・カマスの一夜干しの焼き物を肴にしぼりたてを味わう。

 A H26.1.26 細川酒造 「上げ馬」   B H26. 2. 9  山田酒造 「酔泉」
 左より細川酒造の「上げ馬」、
 山田酒造の限定品19度超の「しぼりたて」と
 17度超の純米酒原酒の「純」
 昨日の雪が残るなか、山田酒造へ。 ここでの試飲は上手く時間帯があえば飲み放題に近い。
しぼりたてを2本買い求め近くの須成神社へ、例年この神社の神官の子息 佐野七五三之助が
新撰組隊士に加わったことを記念して新撰組関係の祭が行われている。 日向で美味い酒を
味わう。 変音子さんが抽選で細川酒造に続き またも 「しぼりたて」 が当たる。
  @H25.12. 1 青木酒造 「米宗」  




       <H25年   近鉄主催 『酒蔵みてある記』>


 今年は6ヶ所の酒蔵巡りとなった、しぼりたての酒は実に美味い !!
 そして蔵ごとに酒の肴が用意されているから嬉しい。



 E 玉泉堂酒造 「美濃菊」
  養老鉄道の養老駅で下車今回はこの駅で抽選。
 また当たった、正に酒飲みにぴったりの「ひょうたんのストラップ」 
 きょうもショートカットして早めの試飲。
  ここでは山田錦と飛騨誉の各酒造米で造られた酒を
 味わえる。
  1升1万円也の 
美濃菊 大吟醸中汲み原酒 の試飲を
 楽しませてくれたが、残念ながら小生にはよく分からない・・・。
 DH25.3.9 早川酒造部「天一」
 
 きょうの抽選では
 幸先良く写真のしぼりたての
 酒が当たる、同道の変音子さんも
 熱々の焼きたてのちくわが当たる。

 先週は寒かったがきょうは暖かい、
 つまみも串かつ、まぐろ佃煮、豚汁を
 買ってきて大いに酒を楽しんだ。

 ここの酒粕は格安だったので
 通常の酒粕(150円)と
 純米酒の酒粕(300円)を購入。

  CH25.3.2 寒紅梅酒造「寒紅梅」
 強風、 且つ寒い中を歩いて 
 酒造会社へ


 ここのしぼりたてがまた美味い。 
 そして酒の肴に
 なんと真鯛と平目の荒煮を
 売っていた、酒が益々美味くなる。


 帰りに浄土真宗 高田本山 を
見学、広大な境内だ。

  BH25.2.11 所酒造「揖斐の蔵しぼりたて」

しぼりたての酒の美味いことよ
ここでは熱燗も用意してくれる。

そして飛騨牛の串焼きが300円、
おでんにふろふき大根等酒の肴が
揃っていて嬉しい。

ここの酒粕は純米酒の絞り粕
600g300円、安い
!!
酒粕の中に30数%まで削った米の小粒が
あるのは初めてだ。
甘酒を造る際にも簡単に溶ける。

  A
H25.1.27 細川酒造「上げ馬」
 昨夜の雪が5cm程降り積もる。
 養老鉄道下野代駅で下車、駅裏の急勾配の
石段を登り、坂上のお寺を参拝、そして 次は
尾津神社に参拝、この尾津神社は多度町内に
3社あるようだ。

 40分ほど歩いて細川酒造へ。
 既に大勢の試飲者が酒と肴を楽しんでいる。
近くに住む桑名新市長もお酒を楽しんでいた。

 しぼりたての酒は流石に美味い。

  @H24.12. 9 青木酒造 「米宗」



 <H23.2.19   近鉄主催 『酒蔵みてある記』>

   きょうは”三重の寒梅”蔵元 丸彦酒造


ハイキングコース途中から見る御在所岳

  三重の寒梅  右端「酔泉」は先週の蟹江町山田酒造
  3週連続で「酒蔵みてある記」に参加
   きょうは”三重の寒梅”蔵元の丸彦酒造。 近鉄湯の山線 桜駅から徒歩1時間 
   この「酒蔵みてある記」シリーズはハイキングと新酒を楽しむことが出来る。
   蔵元のサービスは 各蔵元で千差万別、基本は 抽選会、試飲・甘酒のふるまい、お酒の販売。
   試飲は普通1杯のみ、甘酒は飲み放題、お酒は割引販売。

   「これまでの体験録」
     H23.2.6  揖斐    所酒造   『揖斐の蔵 しぼりたて』   発酵途中のしぼりたてはすっきり辛口で美味
                    豚汁(200円)やおでんなどが販売され 熱燗もある。 腰を落ち着けてお酒を楽しむことが出来る。
                    酒粕は300円也
     H23.2.13  蟹江町   山田酒造 『酔泉』   ここもしぼりたてが試飲できる。  しかも飲み放題
                    腰を落ち着けて飲めないが 飲み放題が嬉しい
                    酒粕はなんと100円也 
  



  蔵人厨
(くろうどくりや) ねのひ
     H14.12.5(木)訪問 場所:ヒルトン名古屋の裏側 盛田ビル1F
    久し振りに 美味い所へ案内してもらった。 杉の香のする樽酒が美味い大甚ばかりに通っていたが・・・。

    盛田酒造の直営店で、酒はもちろん 盛田の『ねのひ』ばかり。 純米の酒(一合500円)から 吟醸、金紋ねのひ大吟醸(これが最高級、一合1,600円)といろいろあり、
    どちらかというと辛口の酒が多い。
    15代当主盛田昭夫の「盛田」もある。
    料理も美味い。 つくね焼きを温泉卵につけて食べる、これがまた美味い。 それからぶりのカマ焼き、赤鶏のもも塩焼き。やきとりは博多の戦国焼鳥風の塩焼きが
    好きだ。
     ちょっぴり宣伝臭くなったが、行った日にくじ引きがあり一等賞を引き当て 常滑焼きのあの独特の赤い徳利と猪口を賞品にいただいたのでご容赦を。

    しかしながら この伏見界隈は探せば美味い飲屋が多い、大甚もそうだし 島田正吾の関係の「島正」のおでんも美味かったし、ショットバー風の英吉利屋もいい感じ・・・。

 

  大甚
     H13.3.19(月) 訪問 場所:広小路・伏見通交差点御園座寄り、本店・中店の両店がある。
     入ったとたん 多勢のお客さんにびっくり。 なんといっても 日本酒の熱燗 !!
杉の香が何とも言えず、日本酒のうまさを一層 際立たせる !!
    そう、広島のお酒「賀茂鶴」の
樽酒の熱燗なのだ。 飲むほどに よく そして 美味い !! ついつい飲みすぎてしまいそうだ。
    しかしながら 酒の肴は普通か、自分で好きなものを取りに行くセルフサービス。 だから 値段はリーズナブル。
    肴で美味いのは しめ鯖、ピンクの透き通るような鯖が実に美味い。

 

  鮪小屋本店
     H12.10.20(金)訪問 場所:名駅前第3堀内ビルB1F
    大阪単身赴任の空白があって4年ぶりに訪問。世界の マグロ を食べさせてくれる。刺身から焼き物、唐揚などなど全てマグロづくし!一番の絶品は
マグロの唐揚
    マグロの
頭肉(ずにく)ほほの刺身、あぶり焼きも美味い。世界の13種類のマグロの刺身の盛り合わせもあって楽しめる。
    ただし、酒はいろんな種類はない。 ビール、焼酎、日本酒など一般的。
     また ここから歩いて10分位のところにお座敷のある鮪小屋本店の別店があり 4人以上のコース予約(4〜5000円以上)だと何も言わなくとも
    あの大きな
かぶと焼きを出してくれる。ホークで削り落しながらほほにくや ゼラチンの珍味を豪快に食べれる。


寿司 四万十
H12.5.18(木)訪問 阪急神戸線園田駅で下車 徒歩4分
大阪単身赴任時、小・中学時代からの友人の行きつけの店(彼のHPでも紹介)で 時折訪問
新鮮なネタ、特に(自分の好み)さんま、サーモン、また肉類をのせた寿司も美味
美人の女性も (写真をクリックすると拡大) お酒も、料理も美味い

 和(かず)
   H12.6.26(月)訪問 場所:御園座の裏 路地の最奥
   名古屋にも大阪風の居酒屋があったのだ!オバタリアン風の豪傑肝っ玉ママ?おばさんが仕切る炉端焼き居酒屋。ビール、アジの塩焼き、焼鳥 etc.
   全品350円 ビール瓶、コップ、皿数で勘定を計算。大阪風の合理的計算。
   特に美味い食べ物、飲み物があるわけでなく、 この名物おばさんでもっている。気功をやっているとかで 手を握られたり、指で押されると熱くなる。
    また 人を観る 観相術に長け、小生に対し「あんたはHが好きだけど(当たり!)した後の面倒くささが先に立ちあまりしない(当たり!)、
   だけど私には嵌まる(アホらし だれがはまるかいな!と大阪弁で応える)」てな調子で大賑わい。 店内にはシルバーペニスという大きな男根風の栓抜きで
   ビールの栓を抜いてくれる。 御園座の役者さんが見えたり、外国航空会社のスチュワーデスも見える。きたなく、狭いところだけど・・・・

   追伸H13.2月 CBCテレビで放映される。肝っ玉ママさんの放送禁止用語の連発にスタッフは右往左往したとか

 にんにく屋五右衛門
   H12.6.23(金)訪問 場所:大阪ハービス地下街


 多度祭(5月4〜5日)に臨み、本日(H12.4.23)より精進潔斎
   当地の最大イベント多度祭は5月4,5日に催される。2mを超える絶壁を地区で選ばれた青年が 馬に乗って駆け上がり、その成功回数でその年の豊作、
  吉凶を占う祭
。 ”上げ馬神事
  青年騎手は自宅での多度大社の神主の御祓い以降は御祓いをうけたもの以外は口にしてはならず食事も家族とは別に自分で作って食べる。
  家族も外での飲食は厳禁、外では火を通したものは御法度。外からの訪問者も結界をしている家には入れない、特に女性(なかでもおなごを
  卒業していない女性)は厳禁。
祭は男の祭なのだ!
   実は小生の下の子がその騎手に選ばれ、4月1日から乗馬の練習をしているのだ。朝 5時に起き馬のえさやり、その後 乗馬練習。
  詳しくは、当ホームページのリンク集の多度町をクリック
  ちなみに、多度町の地ビールは 「
上馬」 きれがあってこくもある



  朗報 H12.2.18(金)酒飲みの勲章脂肪肝”が消失!! 腹部エコー検査の結果、7〜8年来の肝臓の周りについていた脂肪(悪化すると肝硬変で地獄行き)が
  消えたことが判明。山登りで体脂肪を燃やした結果?<多度山への山行履歴:H9年42回、H10年78回、H11年59回>

  ♪♪ 酒が飲める、飲めるど、酒が飲めるど・・・・ ♪♪と昔 流行った唄を思い出しながら早速酒座へ! 美酒に乾杯! 今年の釣り日程と次の飲み会の策定

   酒座
     H12.2.18(金)訪問 場所:名古屋ヒルトンホテル前の第一勧銀名古屋支店B1F。  ここには全国の日本酒が揃い、値段もリーズナブル
     辛口:大七( 福島)、雪の松島(宮城)etc.
     甘口:月の輪(岩手)、醸し人九平次(愛知)etc.
     冷酒で飲むのが一番、もちろん熱燗もOK, ビール、焼酎、ウィスキー等もあり 和室で場の雰囲気もよく、脇息付でゆっくり飲める

第一勝運丸
H11.12.22(水)訪問 場所:御園座の裏
剣菱 有り。
酒の肴が全皿550円。寒ぶりの刺身、牡蠣、なまこ が美味。もちろん他の肴も良し

国民休暇村(和歌山)
H11.12.11(土)訪問 場所:和歌山市加太
くえ を食べに一泊、夕食時に和歌山の地酒13種類が800円で飲み放題。さかなも酒も景色も抜群で”天声”が聞こえる所


どなん
沖縄の泡盛で アルコール度数がなん60度 ストレートで口に含むと口の中がトロピカル
吟香露:(福岡県三潴郡産) 高槻市のひろし屋さん(リンク集参照)から仕入れる
酒粕焼酎でロックや冷やしてストレートで飲むとほんのりいい香が味わえる。

雪中貯蔵純米吟醸酒:(新潟県新井市産) 高槻市のひろし屋さん(リンク集参照)から仕入れる
冷やして飲むと、それはそれは 口の中で まろやかな えも言いわれぬ美味しさが漂う飲み心地がする
大七 極上生元:(福島県二本松市産)
辛口でこれも冷酒が一番


名鉄犬山ホテル
H12.1.16(日)訪問 国見町竹田津小・中学の名古屋地区の同窓(同級)会をここで開催。小生の他は全て 熟女 7人、子育ても終わりこれからは自分らの人生だと気炎をあげ、こちらはたじたじ、酒で気炎を上げるのみ。ひたすら飲む! また来年、再会期して散会。

TOPページへ

 

Ads by TOK2