ネジバナ





板橋区に自生する唯一?の蘭
よーく見ると一つ一つが蘭
きれいで、かわいくて、
私の一番好きな花

初めてこの花を見たのは尾瀬
二度目が磐梯高原
まさか
板橋で会えるとは思いませんでした





漢字名 捩花
別名 捩摺(モヂズリ)、ネジリバナ
分類 単子葉類、ラン科、ネジバナ属
分布 北海道〜沖縄
場所 川の土手や公園の芝生など、日当たりの良い草地(蘭は普通日陰を好む)
板橋区では荒川の土手、浮間公園ほか
高さ 10〜40cm
横向きで5mmのピンクの花をらせん状に付ける。
同じ株でも右巻き、左巻き、真っ直ぐのもある。
下の方から咲き上がる
茎がねじれるのではなく、子房が斜めに少しずつずれて、ねじれて見える
ねじれの向きは遺伝的に決まっているのではなく、
確率的にどちらかに転ぶことがわかっている。

ねじれる意味は、花を訪れて花粉を運ぶ小型の蜂が、
どの方角から来ても見つけられる。
花をらせんに付けることで、重心が安定し、細い茎も直立する。

ネジバナは被子植物の変わり者。
被子植物は重複受精を行うが、唯一の例外がネジバナ。
花期 5〜8月 芝刈りで、ある日突然消えることも
2001年、私が浮間公園で見たのは6/24〜7/10。その後草刈で消滅
荒川ではもっと前から咲き出していた。


ホーム 下仁田温泉 見沼田んぼ差間地区 荒川 赤羽自然観察公園 自然教育園 秋の高尾山
清和県民の森 コナラ便り ネジバナ アダルトコーナー リンク




Ads by TOK2